やるべきでしょう「上棟式」「餅まき」!
施主さんの準備、流れ、祝儀などの情報サイト【笑顔になれる上棟式】

Top/上棟式と上棟式当日に施主側が用意するもの

上棟式は「出来る範囲で出来るだけ」が原則

気持ちの問題ですから無理をしない

無理をして予算を組むことはありません。「出来る範囲で出来るだけ」でお考えください。地域によって用意する物・慣習が違います。事前に工事店やご親戚・ご近所・注文先などにご相談下さい。

Top/上棟式と上棟式当日に施主側が用意するもの

上棟式の儀式で施主が用意するもの

施主が用意するものと工事店が用意するものがあります

上棟式の儀式で【施主】が用意するもの

■供え物(米・塩・酒・農産物・海産物・餅(お供え用)など)

《詳しくは「上棟式の供え物」 をご参照下さい。》

■撒くもの(もち・お菓子・お金など)

《詳しくは「上棟式のまきもの」 をご参照下さい。》

※儀式で使う祭壇や道具などは工事店側が用意します。
※供え物は事前に工事店にご相談下さい。

※撒くものは基本的に施主が用意しますが、餅は親戚が用意するという地域もあります。ただし、その習慣自体を知らない方もいます。

Top/上棟式と上棟式当日に施主側が用意するもの

工事関係者向けに【施主】が用意するもの

感謝の気持ちも添えて気持ちよく

■折り詰め(食事)

《詳しくは「上棟式の折り詰め・手土産」をご参照下さい。》

■引出物(記念品)

《詳しくは「上棟式の引出物」をご参照下さい。》

■ご祝儀

《詳しくは「上棟式の祝儀袋・のし 」をご参照下さい。》

※折り詰めは注文時に「上棟式(建前)」で使うと仕出し屋さんなどに発注する際にご相談下さい。 魚や赤飯・縁起ものなど、何があったほうが良いかも含めご相談下さい。

※引出物は地域によって決まっている場合があります。工事店やご親戚・ご近所にご相談下さい。

Top/上棟式と上棟式当日に施主側が用意するもの